2016-12-25(Sun)

神の真実の輝き 2016年12月25日クリスマス礼拝メッセージ

神の真実の輝き
中山弘隆牧師

 それゆえ、わたしの主が御自ら/あなたたちにしるしを与えられる。見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み/その名をインマヌエルと呼ぶ。
イザヤ書7章14節


 言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。ヨハネは、この方について証しをし、声を張り上げて言った。「『わたしの後から来られる方は、わたしより優れている。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。」わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである。いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。
ヨハネによる福音書1章14~18節


(1)インマヌエル
 本日わたしたちはクリスマスの喜びを共にしながら、礼拝を守っています。クリスマスの人智をはるかに越えた恵みの根本は「インマヌエル」であります。
 イエスの誕生を巡って、マリアと婚約をしていたヨセフは処女マリアの身に起こった不思議な受胎に衝撃を受け、マリアのことを思い、ひそかに離縁しようと決心したとき、主の天使が告げました。
 「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」(マタイ1:20~21)
 さらにマタイによる福音書はこの出来事こそ預言者イザヤを通して神が語られた「インマヌエル」の成就であると言っています(マタイ1:22~23)。「インマヌエル」とは「神は我々と共におられる」という意味のヘブル語です。
 実に、イエスは神である御子がマリアより人間性を取り入れ、「人間となられた神」なのです。この事実によって、イエスは「人間と共におられる神」なのです。
 
(2)神である御子が人間となられた神秘
 従いまして、わたしたちの人間存在と人間の性質に深く関わる仕方で神が共にいますという「インマヌエル」は、世界万民の中でただ一人イエスの中で実現しました。
 イエスは地上の生涯を過ごされたとき、神との親密な交わりの中で歩み、神を「自分の固有の父」として自覚し、それゆえご自分が「父の子である神」として自覚しておられました。
 その自覚に基づいて、父の意志を知り、父の意志に従って、人類の救いの使命を果たされた方です。この事実は真に驚くべき神秘です。しかしイエスの自覚とそれに基づく行為こそ、イエスは神が人間となられた方であるという神秘の実体です。この状況をヨハネによる福音書1章14節は証しています。
 「言(ことば)は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。」
 「言(ことば)」とは父なる神の意志を表す働きです。それは父なる神の自己伝達でありますので、単なる言葉ではなく、神の存在の一つの在り方です。つまり、「言(ことば)」は神の「独り子」なのです。それに対して「肉」とは人間のことです。
 それゆえ聖書が「言(ことば)が肉となった」と告げるとき、それは「神である永遠の御子」が真実の「人間イエス」となったことを証言しているのです。このことを聖書では、神の言葉の「受肉」と言います。
 それゆえ、神が人間となられた「御子イエス」は、言い換えれば「神であるイエス」はわたしたちに神を完全に示されました。神様はそれまで、預言者たちを起し、預言者たちを通して神の言葉を語って来られました。そして神の言葉を通して人間を支配し、あるいは裁き、イスラエルの歴史を導いて来られたのです。
 このことに関して、預言者モーセと神との対話が出エジプト記に記されています。旧約聖書で最大の預言者であるモーセは神に「どうか、あなたの栄光をお示しください。」(出エジプト33:18)と祈りました。言い換えれば「神の御顔」をお示しくださいと祈ったのです。ところが神は、「あなたはわたしの顔を見ることはできない。人はわたしを見て、なお生きていることはできないからである。」(33:20)と仰せられました。
 また神はこのようにも仰せになりました。「わが栄光が通り過ぎるとき、わたしはあなたをその岩の裂け目に入れ、わたしが通り過ぎるまで、わたしの手であなたを覆う。わたしが手を離すとき、あなたはわたしの後ろを見るが、わたしの顔は見えない。」(33:22~23)
 それでは、モーセにとって、神の御顔を見ることはできないが、モーセの前を通り過ぎられる神の背中は見ることができる、と言うことは一体何を意味しているでしょうか。
 それは神が人間の歴史を支配し、ご自身の目的を御言葉によって知らせ、御言葉を実行されることを意味しています。つまり人は預言者を通して、神の御言葉を聞き、その御言葉が歴史の中で実現するとき、神は人智を超えた偉大な知恵と力を持っておられる方であることが分かるのです。そのようにして、人間は行動される神の背中を見ることができると、仰せになりました。
 しかし、今や御子イエスにおいて、神は人間と出会い、ご自身を示されたのです。そのことをヨハネによる福音書は、先ほど引用しました1章14節で証言しています。
 「言(ことば)は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。」
 ここで、受肉して人間となられた御子イエスは、それまで神としてご自身が持っておられた全知全能の能力を制限し、人間のレベルに降り、その制限の中で、神を知り、神の意志を実行されたのです。しかし、この制限の中で、イエスはわたしたち人間が聞くべき神の言葉を完全に語り、実行されました。つまりイエスは御自分の人格と言動を通して神を完全に啓示されたのです。ここに旧約聖書の預言者たちと御子イエスとの決定的な相違があります。
 さらに、ヨハネによる福音書は「受肉の栄光」を賛美しています。 「それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。」
 ここで「恵み」とはギリシャ語で「カリス」と言いますが、それは「憐れみ」または「無償の恩恵」あるいは神の善意、好意と言う意味です。すなわち、ご自分に敵対している罪人をそれにも拘らず神は愛されるのです。恵みとは神の愛の具体的行為です。
 次に、「真理」とは、神が人間の問題を根本的に解決されるとき、正しさそれ自体であるご自身の性質に対してどこまでも忠実に行動されるということです。正にそのことによってのみ、人間に対する神の真理が啓示されたのです。
 神に造られた者であるにも拘わらず、神に敵対している人間に対して、神がご自身の正しさを完全に貫かれたことの中で、神から離れ、闇の中をさ迷っていた罪人が神の御前に呼び戻され、神の御前で生きることが可能となりました。

(3)御子イエスの十字架の死
 しかし、わたしたちは心を静めてよく聞かなければならないことがあります。それは神様が人間に対してご自身の正しさを貫徹されることは、神様が人間の罪に対して、最終的な裁きを実行されるとき可能なのです。
 さらに、究極的な裁きは、直接個々の人間を裁くのではなく、神の御子イエスを人類の代表として、そして代理として裁くことです。全く罪のない真実な人間である御子イエスが裁かれたのです。
 さらに重要なことは、神は御子イエスの十字架の死において、世界を支配している諸国家の中に働いている罪も裁かれたのです。すなわち、国家が自己を絶対化して、権力を乱用すること、神の求められる正義と公平と憐みを実行せず、不義を行ない、その政策によって社会における貧富の差を拡大する罪、さらに神の主権に反する軍事同盟を結ぶことです。この点、イザヤとエレミヤを初めとして預言者たちは皆強調しています。さらに、現代国家が人道に反する核兵器に頼っている罪も全部含めて、神は諸国家の罪を既に御子イエスにおいて裁かれたのです。それゆえ御子イエスは諸国家の罪のため、その代表、代理として十字架の死を受けられたのです。
 しかも主要な点は、イエスはそれらすべてのことが自分に与えられた使命であると認識し、自ら進んでその使命を引き受けられたことです。そして死の極みまで、父の意志に従順でした。尚そのうえ、イエスは自分が死を全うするとき、人類と世界に対する神の主権を父なる神から自分に委任されることを知っておられました。
 言い換えれば、父なる神はイエスを死人の中から復活させられると認識しておられたことです。この点で、正にイエスこそ神であります。イエスの他に一体誰がこのような自覚をもって人類に対する神の裁きを引き受けることができるでしょうか。御子イエスの他には絶対に不可能です。それゆえイエスは神なのです。
 さらに、イエスが神であることは父なる神が啓示されました。十字架について死なれたイエスを、父なる神は復活させて、イエスが神であり、イエスの十字架の死が人類の救いであることを、今日のすべての人に証明しておられるのです。
 従って、聖書はイエスの十字架の意義を復活の光によって理解しています。復活して世界と人類を支配しておられるイエスの救いを、聖書は十字架の事実によって明らかにしています。聖書は復活の光に照らして、「十字架」はすべての人間を救う「神の力」であると告げているのです。

(4)わたしたちは何をすべきか
 今や復活の主イエスは人類と世界の救い主として、わたしたちの中に救いの業を前進させ、わたしたちを救いの完成に向かって導いておられます。それではわたしたちは、復活の主を信仰の目を持って、仰ぎ、見詰めながら主に従うとき、何をなすべきでしょうか。
 第一に、わたしたちは自分の存在、思いと行為、生活の面で、自分の一部分ではなく、全部が主イエスに知られていることを感謝することです。感謝の一念をもって自分の生涯を生き抜くことです。
 だれでも自分自身のことは分かっていると思っていても、それは自分の独断であり、自分の全体の姿、思い、行動が分かっていません。そのような自分のトータルな姿、振る舞い、動機、意図のすべてを主イエスがご存知であることは、自分にとって非常に恐ろしいことです。自分の罪、間違い、短所のすべては主イエスの目に明らかになっていることは恐ろしいと思います。しかし、少しも恐れる必要はありません。なぜなら、主イエスはわたしたちのすべてのことをご自分のこととして受け取って下さり、わたしたちの生活のすべての面で、神の真理を貫かれるからです。
 主がわたしたちを知って下さることは、わたしたちを導くためであり、わたしたちが主の御心を知り、実践するようにして下さるためであるからです。それゆえ、わたしたちにとって、主に知られていることが自分の揺るぎない平安であり、将来に対する希望であり、人生に対する確信なのです。
 第二に、主イエスに祈ることです。求めることです。主の御心を示してください、御心を実行する力を与えて下さい、と祈ることです。わたしたちの祈りを主は喜んでくださると信じて、常に祈ることです。実に祈ることによって、人は復活の主と直面するのです。
 主イエスの十字架と復活の光のもとで、神を礼拝することができるのです。この礼拝によってわたしたちは非常に大きな霊的力を与えられます。
 第三に、祈ったことはすぐ実行することです。
 神様の前で、実行させてくださいと祈ったことはその日の内に実行することです。このようにして日々の生活を進めていくことが神の御前で生きることです。
 第四に、自分だけでなく、他の人たちの為に、祈ることです。
 そのことによって、その人と自分との間に主イエスが働いてくださり、主イエスを通して、共に生きることができるのです。
 第五に、主イエスの復活の命はわたしたちが自ら進んで苦労を担うことを可能にします。
 それゆえ自分の生活の苦労を乗り越えて行くことができます。苦労の多いこの世の中を逞しく生きることができるのです。労苦をすることの中で復活のイエスの命がわたしたちの中に働くのです。労苦はそのために主が与えられるのです。
 第六に、主イエスの主権は教会と国家の両方に及んでいることを信じ、しっかりと理解することです。
 しかし国家に対する主イエスの主権は神の知恵と力の行使なので、わたしたちが直接知ることは不可能です。それでもわたしたちに知らされている範囲で理解できます。旧約聖書の預言者たちは万国の預言者として神に立てられ、神の言葉を万国に向かって語りました。すべての国家と国民が神の求められる正義と公平と憐みを実行して共に生きることを命じ、奨励しました。クリスチャンはこの世界の中で、良き市民として、社会や国家の働きに参加するのです。
 最後に、常に主の栄光が現れることのために、働くことです。そして常に主を賛美することです。
 讃美歌(21)255番の3~4節はインマヌエルを賛美しています。
 3節 とこしえの光、暗き世を照らし、闇に住む民の上に輝けり。
    陰府の力、破るため、御子は来たりたもう。
 4節 絶え間なき賛美、み使いは歌う、「聖なる、聖なる、聖なる
    万軍の主」。いざ、われらもほめ歌わん。
    「ハレルヤ、ハレルヤ」。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

教会案内
〒354-0044
埼玉県入間郡三芳町北永井959-3
TEL・FAX:049-258-3766

牧 師:中山弘隆

創立日:1972年2月19日

最寄り駅
東武東上線 鶴瀬駅 西口
東武東上線 ふじみ野駅 西口
よりタクシーで10分
※駐車場完備

三芳教会へのバス利用方法

MAP
三芳教会の地図です
定例集会案内
●主日礼拝
  毎日曜日 10:30~12:00
●教会学校
  毎日曜日 9:15~9:40
●朝の祈祷会
  毎日曜日 9:45~10:10
●キリスト教入門講座
  毎日曜日 9:45~10:10
●マルタマリア会(婦人会)
  毎木曜日 10:30~
●マルタマリア会例会(婦人会)
  毎月第2主日礼拝後

毎木曜日の祈祷会は、2011年5月より、毎日曜日の朝の祈祷会に変更となりました。
三芳教会のご案内
●牧師紹介

●年間行事予定

●写真で見る三芳教会
最新記事
行事報告
● 江田めぐみ伝道師就任式
 (2012年7月22日)


● 教会バザー報告
 (2011年11月23日)


● バーベキュー大会報告
 (2011年8月21日)


● イースター報告
 (2011年4月24日)


● 柿本俊子牧師隠退の感謝会報告
 (2011年3月27日)


● 講壇交換(三羽善次牧師)
 (2011年1月23日)


● 墓前礼拝報告
 (2010年11月7日)


カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事INDEX

全ての記事を表示する

お知らせ
ようこそいらっしゃいました。



2016年10月に、当ブログの訪問者が9,000人を超えました。感謝いたします。

2015年9月に、当ブログの訪問者が8,000人を超えました。感謝いたします。

2014年9月に、当ブログの訪問者が7,000人を超えました。感謝いたします。

2014年1月に、当ブログの訪問者が6,000人を超えました。主の導きに感謝いたします。

閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム
三芳教会やキリスト教についてのお問い合わせ、また当教会へのご意見、ご要望等がありましたら、下記のフォームよりうけたまわります。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR