2016-03-20(Sun)

御子イエスの叫び 2016年3月20日の礼拝メッセージ

御子イエスの叫び
中山弘隆牧師

 見よ、その日が来る/炉のように燃える日が。高慢な者、悪を行う者は/すべてわらのようになる。到来するその日は、と万軍の主は言われる。彼らを燃え上がらせ、根も枝も残さない。しかし、わが名を畏れ敬うあなたたちには/義の太陽が昇る。その翼にはいやす力がある。あなたたちは牛舎の子牛のように/躍り出て跳び回る。
マラキ書3章19~20節


 昼の十二時になると、全地は暗くなり、それが三時まで続いた。三時にイエスは大声で叫ばれた。「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。そばに居合わせた人々のうちには、これを聞いて、「そら、エリヤを呼んでいる」と言う者がいた。ある者が走り寄り、海綿に酸いぶどう酒を含ませて葦の棒に付け、「待て、エリヤが彼を降ろしに来るかどうか、見ていよう」と言いながら、イエスに飲ませようとした。しかし、イエスは大声を出して息を引き取られた。すると、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。百人隊長がイエスの方を向いて、そばに立っていた。そして、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、「本当に、この人は神の子だった」と言った。また、婦人たちも遠くから見守っていた。その中には、マグダラのマリア、小ヤコブとヨセの母マリア、そしてサロメがいた。この婦人たちは、イエスがガリラヤにおられたとき、イエスに従って来て世話をしていた人々である。なおそのほかにも、イエスと共にエルサレムへ上って来た婦人たちが大勢いた。
マルコによる福音書15章33~41節


(1)歴史の中で起こった神の救いと啓示
 本日は主イエスの十字架の苦難と死とを覚えて礼拝を献げています。聖書の信仰は神が主イエスの十字架と復活によって実現された人類の救いとイエスが救い主であることを啓示されたことに基づいています。従いまして、イエス・キリストに対する信仰は決して神話から由来しているのではありません。イエス・キリストは歴史的に実在された方なのです。
 それゆえ、考古学者たちは聖書がイエスの十字架はゴルゴダの丘の上に立てられたと記している場所を特定することができると考え、発掘調査を進め、1849年にその場所を確定しました。今ではゴルゴダの丘はすっかり建物に覆われて全体の姿は分かりにくいだけでなく、当時の地表は地下にあるので、その地層を調べると、聖書に記されているように、人間の頭蓋骨のような形をしていることが考古学的に証明されました。
 このように、神の救いはある日突然、天から降って湧いた出来事ではなく、人類の歴史を貫く神の救いの歴史を通して、実現し、完成するのです。
 つまり神による世界と人間の創造、人間の高慢と罪、神の救いの約束と契約、神の民イスラエルの選びとイスラエルの罪、新しい契約の預言と主イエス・キリストの到来、キリストの十字架と復活、キリストの支配と神の国、キリストの再臨と救いの完成によるこの世界の変貌と永遠の世界の出現、このすべてが神の救いの歴史なのです。
 さらに救いの歴史の中心点は、主イエス・キリストの到来と十字架の死による人類の罪の贖いと復活であります。
 聖書はイエスと共に二人の犯罪者が十字架につけられたと、マルコによる福音書15章24~27節で言っています。
 「それから、兵士たちはイエスを十字架につけて、その服を分け合った、だれが何を取るかをくじ引きで決めてから。イエスを十字架につけたのは、午前九時であった。罪状書きには、『ユダヤ人の王』と書いてあった。また、イエスと一緒に二人の強盗を、一人は右にもう一人は左に、十字架につけた。」(15:24~27)
 このような十字架の光景は歴史的な事実を物語っています。イエスは処刑された犯罪者と共に、しかも『ユダヤ人の王』として、言い換えれば「救い主」として、十字架に架けられたと証しています。
 確かにイエスの十字架は当時の歴史の視点から見れば、祭司長や律法学者や他のユダヤ教の指導者たち、さらにローマの総督ピラトが表舞台に現れています。ユダヤ教の指導者たちはイエスがユダヤ教を根本から破壊する危険人物であると判断し、自分たちのユダヤ教を守るためにイエスを殺害する計画を立て、それを実行しました。
 他方、ローマの総督はユダヤの民衆がメシアのもとに結集し、ローマ帝国に反乱を引き起こすことを恐れ、イエスを十字架の刑につけたのが、歴史的原因であるように見えます。
 しかし、イエスの死によって引き起こされた新しい状況はユダヤ教の指導者たちやローマの総督が全く予想していなかったことです。それは人間が自分たちの力と計画によって歴史を動かしているように見えても、実際に歴史を支配し、歴史の流れの中でご自身の目的を実現される方は人間の目に見えない唯一の神だからです。
 要するに、イエスの十字架の死は、人間の様々な要因から引き起こされた事件ではなく、神が人類の救いのために考え、計画し、ご自身で実現された神の出来事なのです。
 真理と命の源泉であり、その所有者である神は人間と世界に対する絶対的な自由をもって行動される主権者です。人間はそのような主権者である神の恵み深い目的によって、創造された者たちです。それにも拘らず人間は自分たちの創造者に感謝せず、自分たちの思いと力に頼って生きた結果、罪の力の奴隷にされてしまいました。
 この悲惨な人間の状況は人間を創造された神の意志に反しています。それゆえ神は人間が神を知り、自ら進んで喜んで神に従い、神の真理と命に生かされる新しい人間、言い換えれば神の子供とするために、救いの新しい時代を切り開かれたのです。

(2)人類とご自身を結び合わされた神の御子
 実に、イエス・キリストの誕生と生涯と十字架の死と復活と言う歴史的事実は、人間に対する神の意志と行動によって出現しました。この特殊な歴史の意味は神ご自身が人間と決定的に関わって、人間の救いの道を備えられたことです。
 先ず、神の御子が人間となられたイエス・キリストの存在と生涯は、神が人間と共におられると言う事実です。同時に人間が神と共にいるという事実なのです。それゆえ、神は御子イエスにおいて、人間と最終決定的に関わられたのです。
 キリストは神の御子であるゆえに、父なる神の意志を知り、それを実行する人生を歩むことにより、父なる神に完全に従われました。それゆえ、キリストは神の御前に生きる「新しい人間」なのです。
 他方、キリストは神の御子であるゆえに、神としてわたしたち人間に向かって、神の御言葉を語り、ご自身の性質によって、父なる神の性質を完全に示されました。それゆえ、キリストはわたしたち「人間と共におられる神」なのです。
 
(3)ご自身を与える神の愛
 そのような神の御子イエスの生涯の歩みの「完成」として、人類を罪の束縛から解放するため、神は「人類の罪」を神の御子イエス・キリストにおいて裁かれました。
 御子はこの神の裁きを受け入れ、自ら進んでご自身を永遠に人類に与えられたのです。それでは神の御子はどのようにしてご自身をわたしたち人間に与えられたのでしょうか。正にそれは神の御子が罪人であるわたしたちとどこまでもご自身を連帯化させ、罪人の責任を一身に引き受けてくださったことによってであります。
 神の御子は徹底的にわたしたち罪人の側に立ち、わたしたちのすべての罪を担い、わたしたちの罪について、その連帯責任者となってくださいました。いわば破産者のように、わたしたちの人生は罪と言う無限の負債を負っていますので、罪の負債を自分の力で返済することはできないのです。それは罪の全くない神の御子が罪人に代わって正しい死に方をされることによって初めて、人間の罪は取り去られ、人間は新しい正しい人間になるのです。
 これこそ、神が人類を罪から解放して、神と共に生きる新しい正しい人間にするため定められた神の方法です。

(4)御子の叫び
 次に、十字架の上での御子の苦しみは何であったのでしょうか。マルコによる福音書は次のように言っています。
 「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」。これはアラム語であります。アラム語は当時のユダヤ人が話していた言語です。これは「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」と言う意味です。
 ああ、何と言う悲しみと苦しみに満ちた言葉でしょうか。人は極度の苦しみを経験するとき断腸の思いであると言いますが、イエスの場合はそれより遥かに恐ろしい苦しみです。
 この叫びはイエスが祭司長や律法学者やその他の群衆から嘲笑され、恥にさらされると言う苦しみを表しているのではなく、実に神との交わりから切り離され、虚無の中で孤独な死を迎える恐ろしさを表しています。
 イエスは御子として、つねに父なる神との交わりの中で、父なる神の真理と力を受け、命と喜びに満たされ、父なる神の御心を行い、父なる神と共に歩んで来られました。その御子が今や父なる神から全く切り離されたのです。それは全くの暗闇です。聖書はイエスがこの叫びを発せられた時、ちょうど闇が全地を覆っていたと伝えています。そのとき太陽が「シルコ」という砂嵐で隠されてしまったのでしょう。しかし、イエスの心の中はもっと暗闇に包まれていました。これが人類の罪をご自身で担われ、罪の裁きを受けられたイエスの状況です。
 それでもなお、御子イエスは父なる神に従順であったのです。イエスの他に一体誰がそのような状況の中で、なお神を信じ、神への従順を貫くことができるでしょうか。それは誰もできません。きっと神を疑い、反抗し、神を呪う言葉を吐いてしまうでしょう。最早そこに信仰はありません。
 しかしそのような人間を神は裁くことはできないのです。なぜならば、神の裁きは人間に対して神の正しさが貫徹することであり、その結果人間が正しい人間となることであるからです。
 「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」というイエスの悲痛な叫びは、神を「わが神」と呼んでいます。神から見捨てられたと言う状況の中で、「わが神」と言う言葉は正にイエスの心の底から発せられた「信頼の言葉」です。この言葉は次の二つの事柄を告白しています。
 第一に、主イエスはわたしたちに代り、わたしたちの罪を告白し、罪に対する裁きである死をご自身で引き受けられたことです。
 第二は、主イエスは神の正しい裁きを通して、神の義が人間の中に貫徹するとき、神は人間に神の義を与え、新しい存在と永遠の命を与えられると信じておられたことです。

 このように死に至るまで父なる神に従順であったので、神の御子イエスは人類の救い主としての使命を完全に果たされました。
 ヨハネによる福音書19章30節は、このときイエスは「成し遂げられた」と言われたと伝えています。
 この御言葉はたった今自分が救い主の使命を果たし終えたという感無量の思いが込められています。このよう神の御子イエスは最後の息を引き取られたのです。
 なお、マルコによる福音書ではローマ軍の百人隊長の告白を伝えています。彼はイエスの十字架の一番近くにいて、そこで起こった一部始終を監視していました。彼は「本当に、この人は神の子だった」と深い感動をもって証言しました。
 彼はローマ軍の百人隊長として、十字架の身体的な苦痛、精神的な苦悩、恐怖は普通の人間が正気では到底耐えられない過酷な現実であることを熟知していました。しかし、イエスは身体的な痛みと悲しみと恐れにより意識が失われていく激しい衰弱の中で、ご自分の使命を果たされたのです。死に吞み込まれながら、なお死に負けないイエスの精神力をつぶさに目撃して、この方こそ神の御子であると思ったのです。
 同時に、これほどまで痛みと恐怖に圧倒されながら、ご自身を人類のために与え尽くされたイエスの愛を感じて、これほど深い愛は人間の愛ではなく、正に神の愛である。イエスこそ神の御子であると直観的に分かったのです。
 神の御子イエスがわたしたち罪人をこれほど深く愛して下さり、ご自身をわたしたちと結び合わされた十字架の死ほど尊い現実は他にはありません。それゆえ、神の御子がご自身をわたしたち人間と結び合わされたという「存在的な恵み」は、決して過ぎ去ることのない永遠に有効な霊的現実なのです。
 人類の罪を背負い、人類に代わって罪を父なる神に告白し、罪の結果である死を引き受け、死に呑み込まれながらも、なお父なる神が人類を新しい人間とするために、ご自分を死人の中から復活されられることを確信して、イエスは死なれたのです。これは死によって死に勝利されたことなのです。
 これこそ正にイエスはわたしたちが神との交わりの中で生きるために必要な「神の義」を「わたしたちのため」に達成されたのです。

(5)救いをもたらす神の力
 それゆえ使徒パウロはキリストの十字架について言っています。
 「十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です。」(コリント一、1:18)
 最後に誤解してならない大切な点があります。それはわたしたちが「神の御子イエスの中」で、すでに神の御前で、正しい者、自由なる者、神の子たちとなっているのであり、「自分自身の中」で罪が無くなり、聖なる者、自由な者となっているのではありません。そうではなく、主イエスと「繋がり」、主イエスに「従う」ことの中で罪の誘惑に対する勝利、神の御心を行う自由を発揮することができるのです。
 それゆえ、わたしたちは主イエスの十字架の救いを信じ、主イエスに従う人生を歩むことによって神の御前に生きるのです。その時主イエスの十字架はわたしたちの救いの千歳の岩なのです。
 「千歳の岩よ、わが身を囲め、裂かれた脇の 血潮と水に 罪もけがれも 洗い清めよ。---- 世にある内も、世を去る時も、知らぬ陰府にも、裁きの日にも、千歳の岩よ、わが身を囲め。」(讃美歌21の449番)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

教会案内
〒354-0044
埼玉県入間郡三芳町北永井959-3
TEL・FAX:049-258-3766

牧 師:中山弘隆

創立日:1972年2月19日

最寄り駅
東武東上線 鶴瀬駅 西口
東武東上線 ふじみ野駅 西口
よりタクシーで10分
※駐車場完備

三芳教会へのバス利用方法

MAP
三芳教会の地図です
定例集会案内
●主日礼拝
  毎日曜日 10:30~12:00
●教会学校
  毎日曜日 9:15~9:40
●朝の祈祷会
  毎日曜日 9:45~10:10
●キリスト教入門講座
  毎日曜日 9:45~10:10
●マルタマリア会(婦人会)
  毎木曜日 10:30~
●マルタマリア会例会(婦人会)
  毎月第2主日礼拝後

毎木曜日の祈祷会は、2011年5月より、毎日曜日の朝の祈祷会に変更となりました。
三芳教会のご案内
●牧師紹介

●年間行事予定

●写真で見る三芳教会
最新記事
行事報告
● 江田めぐみ伝道師就任式
 (2012年7月22日)


● 教会バザー報告
 (2011年11月23日)


● バーベキュー大会報告
 (2011年8月21日)


● イースター報告
 (2011年4月24日)


● 柿本俊子牧師隠退の感謝会報告
 (2011年3月27日)


● 講壇交換(三羽善次牧師)
 (2011年1月23日)


● 墓前礼拝報告
 (2010年11月7日)


カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事INDEX

全ての記事を表示する

お知らせ
ようこそいらっしゃいました。



2016年10月に、当ブログの訪問者が9,000人を超えました。感謝いたします。

2015年9月に、当ブログの訪問者が8,000人を超えました。感謝いたします。

2014年9月に、当ブログの訪問者が7,000人を超えました。感謝いたします。

2014年1月に、当ブログの訪問者が6,000人を超えました。主の導きに感謝いたします。

閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム
三芳教会やキリスト教についてのお問い合わせ、また当教会へのご意見、ご要望等がありましたら、下記のフォームよりうけたまわります。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR