2016-01-17(Sun)

湧き出る命 2016年1月17日の礼拝メッセージ

湧き出る命
中山弘隆牧師

 神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。わたしたちは決して恐れない。地が姿を変え、山々が揺らいで海の中に移るとも。海の水が騒ぎ、沸き返り、その高ぶるさまに山々が震えるとも。大河とその流れは、神の都に喜びを与える。いと高き神のいます聖所に。神はその中にいまし、都は揺らぐことがない。夜明けとともに、神は助けをお与えになる。すべての民は騒ぎ、国々は揺らぐ。神が御声を出されると、地は溶け去る。万軍の主はわたしたちと共にいます。ヤコブの神はわたしたちの砦の塔。主の成し遂げられることを仰ぎ見よう。主はこの地を圧倒される。地の果てまで、戦いを断ち、弓を砕き槍を折り、盾を焼き払われる。「力を捨てよ、知れ、わたしは神。国々にあがめられ、この地であがめられる。」万軍の主はわたしたちと共にいます。ヤコブの神はわたしたちの砦の塔。
詩編46篇2~12節


 祭りが最も盛大に祝われる終わりの日に、イエスは立ち上がって大声で言われた。「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている“霊”について言われたのである。イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、“霊”がまだ降っていなかったからである。
ヨハネによる福音書7章37~39節


(1)共にいます神
 本日の礼拝で、詩編46編を通して神の恵みと御心を知りたいと思います。この詩編は預言者的精神の充満した霊的な賛美の歌であります。
 宗教改革者ルターは福音的信仰を見事に表明した多くの讃美歌を作って、宗教改革に勇気を与えました。特に讃美歌21の377番は有名です。
 「神はわが砦 わが強き盾、 すべての悩みを 解き放ちたもう。
悪しきものおごりたち、邪な企てもて 戦を挑む。」
 という歌詞は、「神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対することができようか」(ローマ8:31)という使徒パウロの福音的確信とともに、詩編46編から強い感化を受けています。
 ルターは宗教改革を起す前に、福音による魂の救いを経験しましたが、その前の時期に詩編の研究に専念し、霊的な強い影響を受けました。そのようにして彼は次第に福音の光に導かれてきたのです。その体験からルターは詩編を聖書の信仰を言い表しているものとして重要視しています。

 このように詩編46編2節の言葉である「神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。」という聖句は、信仰者が依って立つべき基盤であります。
 信仰生活とは、主イエスに出会って、主イエスの内にすべての人間の救いと自分の歩むべき人生が備えられていることを知り、主イエスを信じて、主イエスに従っていく人生です。
 主イエスはわたしたちと出会い、わたしに従って来なさいと呼び掛けて下さいます。「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである。」(マルコ8:34~35)
 これは誰でも自分の力で自分の救いを獲得しようと欲するならば、自分と自分の命を失う。しかし自分の新しい命は既に主イエスの中に与えられていることを知って、自分が主イエスに結ばれている者であることを認め、主イエスに従うならば、既に与えられている命と自由をもって神の御前に生きるという約束なのです。
 このような信仰生活は、決して平穏無事な人生ではありませんが、どのような困難と試練と出会っても、そこを通り過ぎることができるのです。神は恵み深い真実な方でありますから、どのような困難な時にもわたしたちを決して見放されることはありません。わたしたちを試練に遭わせられても、そこから逃れる道を備えてくださいます。パウロはコリントの信徒への手紙一、10章13節で次のように言っています。
 「神は真実な方です。--試練と共に、それに耐えるよう逃れる道をも備えてくださいます。」(コリント一、10:13)

(2)神の主権
 次に、この詩編は三つの部分から構成されています。
 第一の部分は2節から4節までです。ここでは自然界における生成と消滅の過程において働く神の無限の力を賛美しています。
 第二の部分は5節から8節までです。ここでは歴史の中に働く神の支配と導きを賛美しています。
 第三の部分は9節から12節までです。ここでは歴史の終末において、神の国が実現することを告白しています。

 先ず、第一の部分の3節以下で次のように神を告白しています。
 「わたしたちは決して恐れない。地が姿を変え、山々が揺らいで海の中に移るとも 海の水が騒ぎ、沸き返り、その高ぶるさまに山々が震えるとも。」(46:3~6)
 これは巨大地震と大津波による天変地異が起こってもわたしたちは動揺しない。神がこれらすべての災害の中でも唯一の支配者であり、神は御自身の目的を実現されるとき、長い目から見ればそれは人間社会の幸いのためであると確信するからです。
 勿論、災害大国である日本も今回の東北沖の巨大地震と大津波により、実に多くの人命と生活基盤が一瞬のうちに奪われました。言葉では到底言い表せない大きな不幸を前にして、誰でも神様なぜでしょうか、という心の悲痛な呻きを感じ、悩むのは当然です。
 しかし、どれほど信仰深い人であってもその理由を説明することはできません。その訳はただ神様だけがご存じなのです。

 神様は人間とご自身とを連帯化し、人間の問題をご自身で担うために、尊い御子を十字架の死に渡されました。人間に対するこの無限に深い愛を持っておられる神が、万物の支配者であるということだけを信仰者は知ることができるのです。
 それゆえ、神様がすべてのことをご存知であり、さらにすべてのことを通して、恵み深いご自身の目的を実現するために働いておられることを信じて神を賛美するのです。
 そこから、神は様々な困難に耐え、それを乗り越える道へと人間と人間社会を導いてくださいます。同時に人間のなすべき使命を与え、またそれを果たす力と知恵を与えてくださいます。ここに本当の未来があります。

 次に、5節からは神の歴史支配を賛美しています。
 「大河とその流れは、神の都に喜びを与える。いと高き神のいます聖所に。神はその中にいまし、都は揺らぐことはない。夜明けとともに、神は助けをお与えになる。すべての民は騒ぎ、国々は揺らぐ。神が御声を出されると、地は溶け去る。」(46:5~7)
 旧約聖書では、神の都とは神殿のあるエルサレムの町を指していますが、新約聖書ではキリスト教会のことです。
 その中に霊的な生命の大河を神は流れさせてくださるので、世界の歴史がどのような状況になっても、教会は福音の伝道と神の愛の証の業を継続し、前進させることができるという確信の表明です。
 実に、人間を生かす生命は神から与えられるのです。こうした意味で預言者エレミヤは、神を「生ける水の源」(エレミヤ2:13)と呼んでいます。これは主イエス・キリストの到来により、一層確実になりました。なぜならば、神は人間を生かす命を主イエスの中に創造されたからです。実に、神の命は主イエスの命なのです。

 本日の聖書の箇所でありますヨハネによる福音書7:37~38で主イエスはこのように仰せになりました。
 「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてある通り、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」
 これは主イエスご自身が、「生命の泉」となってこの地上に住む人間のただ中に来られたことを証する御言葉です。同時に、信仰によって主イエスと結びつく者は、生命の豊かな供給を主イエスから受けるのです。その結果、主イエスの生命はクリスチャンの中から外に、他の人々に向かって溢れ出るほど流れるというのです。
 ヨハネによる福音書は主イエスの御言葉を解釈して、「これはイエスを信じる人々が受けようとしている“霊”(聖霊)について言われたのである。」と言っています。

 主イエスを信じることにより、聖霊がわたしたちの心の中に宿り、聖霊が主イエスの命をわたしたちの中に注ぐのです。聖霊が心の中に神の愛を注ぐのです。またその愛は主イエスの中で示された人類の罪を贖う神の贖罪愛です。神からこのような大きな恵みが与えられているという霊的現実を、わたしたちが本当に知りますならば、大きな感銘を受け、神に従わざるを得ません。
 さらに、クリスチャンを通して外に向かって流れ出る主イエスの命の大河は、周囲の人々の中に活力と英知と希望を生み出すのです。 神のこの恵みの偉大さを思うとき、わたしたちは尽くせぬ感謝と喜びに満たされます。
 実に、神の愛が人間の中に働くとき、その愛は人間が共同体や国家を形成するために必要な正義と公平と憐みとして働きます。具体的に言えば、次のようになります。
 クリスチャンは教会の礼拝から、家庭や職場や、学校や地域の仕事に遣わされて、そこで働きます。その生活も神の支配下にあります。それゆえプロテスタントの信仰理解では、「召命」ということはクリスチャンとして「職場で働く」ことを意味しています。
 
(3)歴史を導かれる神
 歴史における神の支配は、教会と国家との二つの領域において働いています。もちろん教会と国家とは別の領域でありますが、二つの円は同心円なのです。同心円の中心は神であり、主イエス・キリストです。このことを預言者たちは明らかにしています。
 「人よ、何が善であり、主が何を求めておられるかは、お前に告げられている。正義を行い、慈しみを愛し、へりくだって神と共に歩むこと、これである。」(ミカ6:8)
 この神の意志に人間が応答することによって、歴史は神の御手によって新しく展開するのです。預言者イザヤは神の民イスラエルと国家の存亡にかかわる危機の中で、神を信頼し、神への従順を貫く必要を強調しました。
 「まことに、イスラエルの聖なる方、わが主なる神は、こう言われた。『お前たちは、立ち帰って、静かにしているならば救われる。安らかに信頼していることにこそ力がある』と。しかし、お前たちはそれを望まなかった。」(イザヤ30:15)
 アッシリア帝国の攻撃にさらされ、イスラエルの二つの国家である北イスラエル王国は滅び、もう一つのユダ王国はまさに風前の灯の状態になりました。このときユダ王国は嵐に襲われた森の木々が騒々しい音を立て激しく揺れ動くように、恐怖と混乱に陥りました。溺れる者わらをも掴むという有様でエジプトと同盟を結び、アッシリアの攻撃から国家を防衛しようとしました。
 しかしそこには歴史の支配者が神であるという信仰は全く働いていませんでした。信仰といっても神はイスラエルをどんなときにも守ってくださるという利己的な信仰であり、神に対する本当の信仰ではなかったのです。
 神はユダ王国が自分たちの知恵と力によってはこの難局を打開することできないと警告され、次のように仰せられました。
 「エジプト人は人であって、神ではない。その馬は肉なるものに過ぎず、霊ではない。主が御手を伸ばされると、助けを与える者はつまずき、助けを受けている者は倒れ、皆共に滅びる。」(イザヤ31:3)
 確かに歴史は人間の活動の場所であり、人間の様々な計画と行動が大きな流れを作り出しています。しかし本当の意味で歴史を支配しておられる方は神様です。このことを知ることが今日のグローバル世界で生きるために最も必要です。
 地の塩、世の光であるべき、クリスチャンがグローバルな世界で果たすべき役割は正に神の歴史支配を知り、それを証することです。
 人類の歴史の中で国家の制度は、古代の王朝制度から、中世の封建制度を経て、市民革命が起こり、現代の民主主義制度となりました。他方、経済面では農業、手工業、通商や貨幣経済が発達し、産業革命による工業の発達と資本の蓄積によって、今日の資本主義と金融市場が登場しました。
 そのような様々な段階を経て今日の世界に至っていますが、それらすべては人間の知恵と努力の結果であると人々は考えています。それにも拘らず、歴史を支配し、歴史の時代を区分し、新しい歴史を開かれた方は神なのです。

(4)神に従う人生
 最後に、神様は人間が神を信頼し、思い煩いを捨て、神の御心を尋ね求め、神に従うことを求めておられます。預言者イザヤは「共にいます神」の導きを次のように預言しました。
 「わが主はあなたたちに災いのパンと苦しみの水を与えられた。あなたを導かれる方はもはや隠れておられることなく、あなたの目は常に、あなたを導かれる方を見る。あなたの耳は、背後から語られる言葉を聞く。『これが行くべき道だ。ここを歩め、右に行け、左に行け、』と。」(イザヤ30:21)
 この預言は今日、主イエスによって実現しています。それゆえわたしたちは主イエスを通して語られる神の御声に聞き従って歩むとき、神の定められた人生を歩むことができるのです。
 神様は常に一人一人の歩みを恵み溢れる時としてくださいます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

教会案内
〒354-0044
埼玉県入間郡三芳町北永井959-3
TEL・FAX:049-258-3766

牧 師:中山弘隆

創立日:1972年2月19日

最寄り駅
東武東上線 鶴瀬駅 西口
東武東上線 ふじみ野駅 西口
よりタクシーで10分
※駐車場完備

三芳教会へのバス利用方法

MAP
三芳教会の地図です
定例集会案内
●主日礼拝
  毎日曜日 10:30~12:00
●教会学校
  毎日曜日 9:15~9:40
●朝の祈祷会
  毎日曜日 9:45~10:10
●キリスト教入門講座
  毎日曜日 9:45~10:10
●マルタマリア会(婦人会)
  毎木曜日 10:30~
●マルタマリア会例会(婦人会)
  毎月第2主日礼拝後

毎木曜日の祈祷会は、2011年5月より、毎日曜日の朝の祈祷会に変更となりました。
三芳教会のご案内
●牧師紹介

●年間行事予定

●写真で見る三芳教会
最新記事
行事報告
● 江田めぐみ伝道師就任式
 (2012年7月22日)


● 教会バザー報告
 (2011年11月23日)


● バーベキュー大会報告
 (2011年8月21日)


● イースター報告
 (2011年4月24日)


● 柿本俊子牧師隠退の感謝会報告
 (2011年3月27日)


● 講壇交換(三羽善次牧師)
 (2011年1月23日)


● 墓前礼拝報告
 (2010年11月7日)


カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事INDEX

全ての記事を表示する

お知らせ
ようこそいらっしゃいました。



2016年10月に、当ブログの訪問者が9,000人を超えました。感謝いたします。

2015年9月に、当ブログの訪問者が8,000人を超えました。感謝いたします。

2014年9月に、当ブログの訪問者が7,000人を超えました。感謝いたします。

2014年1月に、当ブログの訪問者が6,000人を超えました。主の導きに感謝いたします。

閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム
三芳教会やキリスト教についてのお問い合わせ、また当教会へのご意見、ご要望等がありましたら、下記のフォームよりうけたまわります。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR