2010-06-27(Sun)

父なる神の愛 2010年6月27日の礼拝メッセージ

父なる神の愛
中山弘隆牧師

 ああ、エフライムよ。お前を見捨てることができようか。イスラエルよ。お前を引き渡すことができようか。アドマのようにお前を見捨て、ツェボイムのようにすることができようか。わたしは激しく心を動かされ、憐れみに胸を焼かれる。わたしは、もはや怒りに燃えることなく、エフライムを再び滅ぼすことはしない。わたしは神であり、人間ではない。お前たちのうちにあって聖なる者。怒りをもって臨みはしない。
ホセア書11章8~9節

 また、イエスは言われた。「ある人に息子が二人いた。弟の方が父親に、『お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください』と言った。それで、父親は財産を二人に分けてやった。何日もたたないうちに、下の息子は全部を金に換えて、遠い国に旅立ち、そこで放蕩の限りを尽くして、財産を無駄遣いしてしまった。何もかも使い果たしたとき、その地方にひどい飢饉が起こって、彼は食べるにも困り始めた。それで、その地方に住むある人のところに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって豚の世話をさせた。彼は豚の食べるいなご豆を食べてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。そこで、彼は我に返って言った。『父のところでは、あんなに大勢の雇い人に、有り余るほどパンがあるのに、わたしはここで飢え死にしそうだ。ここをたち、父のところに行って言おう。「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください」と。』そして、彼はそこをたち、父親のもとに行った。ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。息子は言った。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』しかし、父親は僕たちに言った。『急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。それから、肥えた子牛を連れて来て屠りなさい。食べて祝おう。この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ。』そして、祝宴を始めた。
ルカによる福音書15章11~24節

(1)本心に立ち帰って
 本日の聖書の箇所は、皆様がよくご存知の悔い改めた放蕩息子の話であります。ルカによる福音書には、この他に良きサマリヤ人の譬え話しがありますが、いずれも皆神の愛が何であるかを示している貴重な譬え話しであります。このような譬え話は主イエスでなければ誰も作れないと思うほど、無限に深い神の愛を非常に明快にまた優しさに溢れた言葉で、教えています。わたしたちはこのような譬え話を通して、かつてこの地上に来て、一人のユダヤ人として過ごされた神の御子イエスの具体的で歴史的な姿を垣間見ることができます。そのことによって、主イエスとの交わりが一層深められますので、この譬え話は非常に慰めに満ちています。
 先ず家出した二番目の息子は、譬え話ですから非常に極端な行動を取ったように描かれていますが、よく考えますと、そのような若者はどこにでもいるように思えます。決してわたしたちと無縁な存在という訳ではありません。そうではなく、正にそれはわたしたちの姿ではないでしょうか。
 「イエスは言われた。ある人に息子が二人いた。弟の方が父親に、『お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください』と言った。それで父親は財産を二人に分けてやった。」(15:11、12)
 この話は申命記21:17に記されている「相続に関する」律法に基づいている、と言えます。その規定によりますと、長男は他の息子たちの二倍の財産を相続することになっています。いずれ弟が独立する場合に、父は長男と一緒に住み、長男の財産を享受することができるようにいしています。
 しかし、旧約聖書の外典の一つである「エクレシア」、別名は「シラクの知恵」と呼ばれている書物の33:19~23では、父親が生きている間に財産を子供や妻に分配して、彼らの世話になるよりは、自分の人生の終わりを迎え、いよいよ死が近づいたときに、財産を分配しなさい。それが賢明な仕方である、と勧めています。
 このようなことを父親はよく分かっていましたが、弟を可愛がっていましたので、本人の希望通りに弟の分として全財産の三分の一を譲渡しました。
 「何日もたたないうちに、下の息子は全部を金に換えて、遠い国に旅立ち、そこで放蕩の限りを尽くして、財産を無駄使いしてしまった。」(15:13)
 「何日もたたないうちに」とありますが、息子は旅をする前に土地を金に換えなければなりません。そのためには相当の時間がかかります。しかし、弟は多少の損をしてでも売り急いで、遠くの国へ旅立ちました。遠い国と言えば、イタリアかエジプトか或いは北アフリカ、またはバビロニヤなどです。そして、出かけていった先で放蕩の生活に明け暮れ、財産を浪費しました。
 新共同訳聖書で「放蕩の限りを尽くして」と訳されているギリシャ語は、「アソートース」と言います。それは「考えなしに」つまり、このような事をしていたら、どうなるかと先のことを考えようとしない、浅はかな態度を意味しています。また、不道徳な享楽に溺れる生活も意味しています。
下の息子は、以前から自分の権利である財産を早く手に入れたいと考えていました。なぜならば、自分を監視する親の目が届かない遠くで、思い切り享楽的な生活をすることに憧れていたからです。父のもとで過ごす堅実な生活より、享楽的な生活の方がどんなに楽しいだろうと想像していました。しかし、それは極めて不健全で、清さのない、周囲の者たちとの不調和な生活です。そのようなことを楽しいと思うことは人間の浅はかさによるものです。
しかし、現実はそのような夢を早晩かならず打ち砕いてしまいます。彼はそのような欲望に溺れた生活を続けているうちに、財布の底が尽きてきました。その上、悪いことが重なり、その地方全体に激しい飢饉が起こり、彼は働こうとしましたが、雇ってくれる人は一人もいませんでした。世間の常識的な見方は、この放蕩息子の人生をこの段階まで追跡し、彼のようになってはいけないという一つの教訓を引き出すことで満足し、もうそこで終わりにしてしまいます。それに対して主イエスの見方はもっと先を問題にしています。
「その地方にいるある人の所に身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって豚の世話をさせた。彼は豚の食べるいなご豆をたべてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。」
ここで新共同訳聖書は「ある人の所に身を寄せた」とありますが、「ある人に雇って貰った」と言う意味です。しかし、その人は彼を雇っても賃金を払いませんでした。その上、支給するはずのパンも与えませんでした。途端に、彼は食べることに窮し、豚の食べる「イナゴ豆」を食べて空腹を凌ぎたいと思うほどでした。イナゴ豆は家畜の飼料ですので、人間にはとても食べられる食糧ではありませんが、飢饉の時にそれを食べる人がいたと言うことです。しかし、それだけでなく、ユダヤ人にとりまして、豚は汚れた動物なのです。豚を飼育する職業につくことはユダヤ人に最も大きな恥でありました。
彼はそのような職業に就かざるを得なくなって、恥と空腹の生活を余儀なくされたのです。その体験をして初めて本心に立ち帰りました。
「彼は我に返った」と聖書に記されています。このとき彼は初めて自分の愚かさに気づいたのです。人はこれまでしないと、自分の愚かさに気づかないのでしょうか。しかし、他人の愚かさは容易に気づいても、自分の愚かさに気づくことは難しいのです。それでも、彼は自分の愚かさに気づきましたので、考え方は以前とは全く変わりました。
「そこで、彼はわれに帰って言った。父の所では、あんなに大勢の雇い人に、有り余るほどのパンがあるのに、わたしはここで飢え死にしそうだ。ここをたち、父の所に行こう。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください』と。そして、彼はそこをたち、父親のもとに行った。」(15:17~20)
 この息子は、父親とこの残酷な雇い主を比較することによって、これまで気づかなかった父親の正しさと愛の深さを知ったのです。同時に、そのような父親のもとから飛び出してきた自分の愚かさと、また自分の責任にも気づくようになりました。それは自分が父を裏切ったということです。それは神に対して、そして父に対して罪を犯したという自覚です。彼はこのことを深く自覚しましたので、父のもとで最早、子としてではなく、雇い人として働かせて頂きたいという切なる願いを抱きながら、帰って来たのです。
 「ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。」(15:20)
 父親は家出した息子が変わり果てた姿で、とぼとぼと帰ってくるのを遠くから見つけて、走り寄りました。これは父親が常に息子のことを思っていたことを現しています。息子は今どうしているだろうかと案じない日は一日もありませんでした。このような放蕩息子に対しても父親の愛は変わらなかったのです。父親の愛は、息子が家にいる時も、家出した時も、遠くの国で贅沢三昧の生活をしている時も、変わらなかったのです。父親の不変の愛は他のいかなる判断の基準を越えた絶対的な愛である、と言えます。
この絶対的な愛を聖書は神の「憐れみ」と言う言葉で表現しています。新共同訳が「憐れに思い」と訳しているギリシャ語は「スブラグホニゾマイ」で、「憐れみの思いに突き動かされて」と言う意味です。実にこれは愛するに値しない者、自分を裏切った者、愚かなる者、何の価値もない者、全く邪悪な者を愛する心を現しています。父親はこの絶対的な愛をもって、家に帰ってきた放蕩息子を受け入れました。彼は走り寄って息子の首を抱き、接吻しました。これは息子に対する絶対的な愛である憐れみの表現です。
また、一番上等の服を着せ、手に指輪をはめ、足に履き物を履かせました。これは悔い改めた放蕩息子を今新たに、自分の養子とするという徴です。そして、この喜びを表すために、父親はパレスチナ地方の習慣によって、肥えた子牛を屠り、料理し、宴会を開き、音楽や踊りも入れて、極めて賑やかに祝いました。そのようにして一同と共に喜びを分かち合いました。これは正に大きな喜びの日でした。
 ところが、一日の労働を終えて、家に帰ってきた兄息子は、父が家出した息子が帰ってきたというので喜び、祝宴を開いているのを知って、腹を立て家に入ろうとしませんでした。この兄は、放蕩で財産をなくした弟を、「自分の弟」と呼ばず、ただ父の息子と呼んでいます。30節の所で、「ところが、あなたのあの息子が、娼婦たちと一緒にあなたの身上を食いつぶして帰って来ると、肥えた子牛を屠っておやりになる」と父に抗議しています。このように兄が腹を立てるのも正当な理由があります。常識的に考えれば、当然であります。しかし、その段階に止まっている限り、父の憐れみ深い心、絶対的な愛が少しも分かっていないのです。長年父に仕えてきても、父の本当の姿を理解していないのです。
 
 これは主イエスが造られた譬え話であり、世の中の父親の愛情ではなく、神様の愛を示しています。この譬え話は、放蕩息子の譬え話と言うよりは、神様の愛の譬えなのです。自分勝手な甚だ利己的な考えで、家を出て行った息子を、なお息子として愛し、そのために悲しみ、苦しみの年月を送り、その間耐え忍び、遂に帰ってきた息子を宝のように喜び迎え、大切にするこの父親の譬えは、正に神の愛なのです。
これはこの世の尺度や、道徳的な秩序さえも超えた絶対的な愛であります。神はこのような絶対的な愛をもって人間を愛し、人間が自らの高慢と貪欲のために、神から離れて、邪悪な人間となっている罪人をなお愛しておられるのです。それゆえに罪人が悔い改めて神に立ち帰るときに、神の喜びは何にも優って大きいのです。その喜びをこの譬え話は示しています。
実に、神の国の福音の喜びは、罪人が主イエスを通して、神のもとに立ち帰るときに、神様が喜ばれるその大いなる喜びであります。主イエスは「言っておくが、このように、一人の罪人が悔い改めるならば、神の天使たちの間に喜びがある」(ルカ15:10)と仰せられました。
その神の前にある喜びは、放蕩息子が帰還したときに父親が「この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ」という言葉がよく示しています。死んでいたというのは、精神的な霊的な意味で、死んでいたのですが、今や神の前で真に生きるようになったのです。また神から離れて失われていたのですが、神の御許に立ち帰って、神に見いだされ、神との人格的な交わりに入ったのです。このことが、天にある大いなる喜びの理由です。

(2)善を行う力としての愛
最後に、神の絶対的な愛は、罪人に対する赦しと新しい命を与える霊的力であります。それゆえ、神の愛は決して安価な愛ではありません。それは人間を罪とその力から解放する愛です。贖罪愛です。神様は罪人を愛して、人間の罪を取り去り、人間が神の御心を知り、喜んで自ら進んでそれを実行することができるように、神の御子を与えられました。
神の御子である主イエス・キリストがわたしたちの罪を贖うために、わたしたちの罪とその結果である死と恥と虚無を自ら担われました。わたしたちのために、わたしたちに代わって、神から罪の裁きを受け、死の極みまで神の御心に従われたことにより、わたしたちの罪が神の御前で取り去られました。同時にわたしたちのためわたしたちが受けるべき義と命とが主イエスの中に達成されました。
今や死人の中から復活された主イエスを通して、主イエスを信じる者はその義と命を受けるのです。従いまして、人間に対する神の絶対的な愛は、御子の尊い犠牲の中に働いているのです。言い換えれば神の御子である主イエス・キリストの十字架の死と復活を通して、働いているのです。この神の愛こそ、わたしたちが主イエスを信じるときに、わたしたちの心の中に働き、わたしたは譬え話の放蕩息子のように、神に立ち帰り、父なる神の御心を知り、神の御前にあることを喜び、神の御心を行うようになるのです。
つまり、今や復活の主イエスは聖霊により、信じる者たちの中に臨在され、わたしたちの罪と弱さを担い、ご自身の義と命とをわたしたちの中に注入するという仕方で働いておられます。そしてわたしたちが隣人を愛し、わたしたちの課題を担い、その責任を果たす霊的な力を与えてくださいます。この霊的な事実こそ、神が主イエスを通してわたしたちを愛してくださっていることに他なりません。
要するに、主イエスを信じるとき、主イエスの教え、言葉がわたしたちの心の中に働き、神の愛がわたしたちの存在と行為の中に働くのです。それゆえ、わたしたちが主イエスを信じると同時にわたしたちは兄弟姉妹に対して、隣人に対して、他の人に対して、愛し始めるのです。信仰と愛することとは常に同時に始まり、常に不可分離なのです。それが聖日ごとの礼拝において、神のもとに立ち帰り、神のもとから共同体の中へ、隣人の中へ、仕事と任務の中へと出て行くクリスチャンの生活なのです。
福音の喜び、天にある喜びとは、また罪人が主イエスによって、日々赦されて神の愛を実践することであります。神の愛を実践する人間は、それを自分の功績として誇り、自分の救いの保証とするのでなく、右の手のしたことを左の手に知らせることなく(マタイ6:3)、すべては神がご存知であることを感謝し、神を賛美するのです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

教会案内
〒354-0044
埼玉県入間郡三芳町北永井959-3
TEL・FAX:049-258-3766

牧 師:中山弘隆

創立日:1972年2月19日

最寄り駅
東武東上線 鶴瀬駅 西口
東武東上線 ふじみ野駅 西口
よりタクシーで10分
※駐車場完備

三芳教会へのバス利用方法

MAP
三芳教会の地図です
定例集会案内
●主日礼拝
  毎日曜日 10:30~12:00
●教会学校
  毎日曜日 9:15~9:40
●朝の祈祷会
  毎日曜日 9:45~10:10
●キリスト教入門講座
  毎日曜日 9:45~10:10
●マルタマリア会(婦人会)
  毎木曜日 10:30~
●マルタマリア会例会(婦人会)
  毎月第2主日礼拝後

毎木曜日の祈祷会は、2011年5月より、毎日曜日の朝の祈祷会に変更となりました。
三芳教会のご案内
●牧師紹介

●年間行事予定

●写真で見る三芳教会
最新記事
行事報告
● 江田めぐみ伝道師就任式
 (2012年7月22日)


● 教会バザー報告
 (2011年11月23日)


● バーベキュー大会報告
 (2011年8月21日)


● イースター報告
 (2011年4月24日)


● 柿本俊子牧師隠退の感謝会報告
 (2011年3月27日)


● 講壇交換(三羽善次牧師)
 (2011年1月23日)


● 墓前礼拝報告
 (2010年11月7日)


カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事INDEX

全ての記事を表示する

お知らせ
ようこそいらっしゃいました。



2016年10月に、当ブログの訪問者が9,000人を超えました。感謝いたします。

2015年9月に、当ブログの訪問者が8,000人を超えました。感謝いたします。

2014年9月に、当ブログの訪問者が7,000人を超えました。感謝いたします。

2014年1月に、当ブログの訪問者が6,000人を超えました。主の導きに感謝いたします。

閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム
三芳教会やキリスト教についてのお問い合わせ、また当教会へのご意見、ご要望等がありましたら、下記のフォームよりうけたまわります。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR